LDKベストバイの素肌しずくRichを試してみた。率直な感想とか実感できる効果とか。

LDKベストバイの素肌しずくRichを試してみた。率直な感想とか実感できる効果とか。

ハトムギ化粧水とLDK素肌しずくRich

俺の肌って脂っぽいから、肌の手入れをするにしても夏はクリーム成分は要らないんだよね。だから夏はハトムギ化粧水で十分。風呂上がりにこれを塗っておけば乾燥して肌が突っ張るなんて感覚もないし。

 

でもね、加齢とともに冬はキツイなぁと思い始めました。風呂上がりにハトムギ化粧水だけだと何だか弱い。油分が足らないって感じ。

 

LDKオールインワンゲル素肌しずくリッチ

画像はLDK2017年1月号より拝借

 

で、ガチンコテスト雑誌LDKで見つけたこのオールインワンゲル「素肌しずくRich」を買ってみたんだよね。各種のオールインワンゲルを試して素肌しずくリッチが一番優秀なアイテム「ベストバイ」だったので買ってみたw 男でこれ試す奴なんてそうそういないべ…、良いネタだわ(笑)

 

オールインワンゲルって言うくらいだから洗顔後にこれを塗ればいいんでしょ?この前に化粧水を使った方がいいとかないよね?だってオールインワンなんだもんね?←(補足)素肌しずくリッチは化粧水成分配合なので他の化粧水の使用は不要って雑誌に書いてました。化粧水成分、美容液成分、クリーム成分が入ってるから手間いらずってね。

 

素肌しずくリッチ

 

使用感としては一発目は「おぉ、スーッと馴染むな。ハンドクリームみたいだ。」と思いましたね。渇いた大地にスーッと雨が染み込んでいく感じ。手はベトベトしないけど潤いは十分ってな感じだね。

 

これ、使用後の写真。

1日目 うん、潤うね。寝てる間も潤ってるなぁと感じるくらい。
LDK素肌しずくRich1日目
2日目 相変わらず伸びがいい。スーッと浸透する。けれど何故か顎の下が痒い…。なんだこれ…。
LDK素肌しずくRich2日目
3日目 特別実感する効果はなし。でもさ、この簡単さで肌の手入れバッチリていうならばいいね。
LDK素肌しずくRich3日目
4日目 特に実感なし。
LDK素肌しずくRich4日目
5日目 冬だけど、このゲルを使い始めてから保湿は十分。乾燥してると思ったことがない。
LDK素肌しずくRich5日目

 

ま、楽だし、これ一本で肌に良い環境が整うっていうのだったらアリなんではないでしょうか。2000円が高いのか安いのかは分からないな、他に比べた事がないから(^_^;) ということで次は比較のためにフレッシェルを試してみたいと思います。ランキング1位と2位の違いはどのようにして表れるのか、ちょっと楽しみです。今度アップしますわ。

 

ちなみに素肌しずくRichは子育て中とかで肌の手入れに時間が掛けられないお母さんとかにヒットしているみたいですね。確かに潤いは感じます。乾燥してるわぁ〜とこのオールインワンゲルを使ってから感じたことがないもんね。ラクなのは確か。

 

でも、同じ2000円ならば、コッチも勧めたいな。オールインワンゲルではないけど肌が突きたてのお餅みたいにプルップルッになるのは個人的にコッチだな。ただし2000円程度で飼えるのは初回一回目のみ。

 

(参考記事)O.I.Z. PBジェルを使ってみて実感した効果と感想

 

併用できたらマジで最強なんだけどな〜。経済的問題が立ちはだかる(~_~;)

スポンサーリンク

関連ページ

orzじゃないよoizだよ。勘違いしそうな名前だな。
男の友人が美容液の販売に携わるというから俺も陰ながら応援してやろうと思う。結構真面目な研究所が作った本気の美容ジェルらしい。男が使って効果はあるかな?
O.I.Z. PBジェルを使ってみて実感した効果と感想
オイズPBジェルというオールインワンの美容液を使ってみました。30日間の使用後の写真とともに感想・評価をさせていただきます。
オイズ効果?マスクしてると潤いを感じる。
なんかマスクが市民権を得てますよね。出掛けるときにマスクしていても何も恥ずかしくないみたいな。オシャレアイテムとして認知された?
ズボラ女子に贈る納豆菌配合の化粧水。
オールインワンの化粧水っていいよね。手間が掛からなくてさ。ズボラな俺にもピッタリ。もちろんズボラな女子にもね。ただ納豆菌配合なんだよ(^_^;)
新垣結衣とともに知名度が上がったであろう雪肌精に水が差される。
雪肌精が誌面で叩かれてました(;^ω^) ロングヒット品だからなのか成分が前時代的…とか言われてた。結構肌によくない成分が含まれているらしい。
フレッシェル アクアモイスチャージェル(EX)Nを買ってきた。
LDKで中々良い評価を得ていたフレッシェル アクアモイスチャージェル(EX)Nを買ってきました。素肌しずくリッチとの比較をしてみたいと思います。

 
HOME